[ペットYouTube準備編]カンタン説明!!動画編集用パソコンの選び方

YouTube用にパソコンを用意する

本サイトでは、サムネイル制作や動画編集、YouTube配信用に1台パソコンを用意することを推奨しています。

  • 動画編集や書き出しなど、負荷のかかる作業を素早く快適に行える。
  • 動画ファイルの管理や保存がしやすい。
  • 大きな画面で作業でき、効率が良い。
  • 優秀な編集ソフトが使える。

など、YouTubeで活動する上で非常に大きな恩恵を受けられます。

しかし、十分な知識がないと性能が全然足りないパソコンを選んだりと失敗しがちです。
値段が高いだけあって、なかなか失敗できない買い物でしょう。

そこで非常に難しいパソコン選びについて、自作PCの経験のある筆者がわかりやすくまとめました。
パソコンがホントにダメ…おすすめのパソコンが知りたい!という方向けに、おススメのパソコンをまとめたページはコチラ

YouTube動画編集用パソコンの選び方 [ペットYouTube準備編]厳選!!動画編集・配信用パソコンおすすめ機種まとめ

YouTube動画投稿にはデスクトップかノートパソコンか

まずパソコンには大まかに分けて2種類あり、デスクトップとノートパソコン(ラップトップ)の2つ。
本体とモニターに分かれているのがデスクトップ、折りたためるのがノートパソコンです。

見た目が全然違うように、それぞれの持つ性格も大きく異なります。

これらの違いをハッキリさせて長所、短所を理解しておきましょう。

デスクトップのイイところ、ダメなところ

YouTubeにデスクトップパソコンを使う

簡単に言えば、デスクトップはノートパソコンより性能が高いです。

デスクトップパソコンのイイところをまとめると

  • 性能に対して価格が比較的安い。
  • 後からストレージを追加したりと拡張性がある。
  • 大きなモニターで作業でき、交換もできる。
  • (BTOや自作の場合)用途に合わせてカスタマイズできる。
  • 高速な有線での通信が使える。
  • 配信などの高負荷な作業にも耐える。
  • 凝った編集や本格的な動画編集もサクサク。

逆にダメなところは

  • 本体やモニターの置き場所でスペースをとる。
  • モニターやマウス、キーボードを自分でそろえる必要がある。
  • 消費電力がノートパソコンに比べると多い。
  • 停電などで壊れるリスクが少なからずある。(滅多に無いが)
  • 慣れないと配線が難しい。

といったところでしょうか。

ノートパソコンのイイとこ、ダメなとこ

ノートパソコンをYouTubeに使う

ノートパソコンのイイところは

  • とにかく手軽。出先でも作業できる。
  • あまりスペースを取らない。
  • 仕事道具としても使える。
  • 見た目が良い製品が多い。
  • 省電力で効率が良い。

といったところ。ダメポイントは

  • 随時充電する必要がある。
  • 何年も使うとバッテリーの交換が必要になる。
  • 性能のわりにやや値段高め。
  • 後からストレージを追加するのが難しい。
  • 画面が大きくない。

結局どっちが良いのか?

パソコンを初めて買う方や、あまり得意でない方はノートパソコンの購入が良いかと思います。
最近のノートパソコンは性能こそデスクトップに劣るものの、動画編集に十分なパワーを持つ機種が増えてきています。

なので、正しくパソコンを選ぶことができればYouTubeに動画を編集しアップロードすることは十分可能です。

すでにノートパソコンを持っている方や本格的にやってみたい人はデスクトップを選んでもいいと思います。
実際かかる費用に、あまり差はありません。

本サイトおススメのノートパソコンはこちらのページに掲載しています。

YouTube動画編集用パソコンの選び方 [ペットYouTube準備編]厳選!!動画編集・配信用パソコンおすすめ機種まとめ

MacかWindowsか

MacとWindows どっちが良いか?

パソコンはおおまかにWindowsとMacの2つに分けられ、パソコン選びの1つのポイントです。
基本的にYouTubeに動画を編集しアップロードするという作業はどちらのパソコンでも可能。

MacはApple社が製造するパソコンで、同じApple社で作られているスマートフォンのiPhoneを使っている場合、MacBook Proを動画編集用に選ぶのは悪くない選択です。
その際は、後述するパーツの推奨スペックにそってオプションを選んで購入していただければと思います。

ただ、やはりいくつかデメリットも存在し、

  • やや値段が高め
  • Macで使えない編集ソフトが存在(その逆のパターンもある)
  • Windowsに慣れていると、使いずらい部分も多い

そのブランド性や見た目から、人気がありクリエイターでも使用者がいるApple製品ですが、その購入は慎重にしましょう。

 

次の章では詳しい選び方を解説していますが、難しい内容でそこまで大事でもないです。

よく分からないよ!という方は、こちらのページのパソコンを選ぶと間違いないです。

YouTube動画編集用パソコンの選び方 [ペットYouTube準備編]厳選!!動画編集・配信用パソコンおすすめ機種まとめ

パーツごとの推奨スペック

YouTubeに動画を編集し、投稿するのに必要なパソコンにスペックをまとめておきます。
小難しいので、分からなければ読み飛ばしてもOK!

YouTubeで活動する上でのパソコンの推奨スペックをまとめると

  • CPU   第9世代以降のcore i7(最低でもcore i5)
  • メモリ  16GB
  • GPU   GTX1660 か GTX1650
  • ストレージ   CドライブはSSD必須 合計の容量が500GB以上
  • SDカードリーダー有り

これらの要件を満たしていれば快適に動画編集や配信が行えます。

この推奨スペック似合うパソコンが無いか、家電量販店で店員さんに聞いてみるのも良いでしょう。

では、各パーツの説明です。

CPU

パソコンの脳みそにあたる部分で、このパーツの性能がパソコンの性能に直結しています。

インテル(intel)とAMDの2社が主流ですが、インテルのCPUが間違いないです。

インテルのcore iシリーズから選びましょう。
core i3、i5、i7などいくつかの種類がありますが、数字が大きいほうが性能が高く最低でもcore i5が必要で、推奨はcore i7です。

core i〇 – △◎◎◎ といった表記がされ、△が世代を表す数字。(例 corei9 – 9900K )

コア数やスレッド数、世代、末尾の記号などいくつか指標がありますが、第9世代以降(△が9)のi5やi7ならOK。

メモリ

簡単にいえばデータの通り道で、水道管で例えるとわかりやすいです。

メモリが大容量 = 水道管が太く水が流れやすい = データの転送がしやすい

ということです。

メモリは最低でも16GBあるものを選びましょう。

GPU

動画を編集してデータをYouTubeにアップロードできる形に作り直す、書き出し(エンコード)どいう作業などで活躍します。

無くても動画編集はできますが、あると非常に快適なパーツ。

パワーのあるGPUを搭載していると、大幅に作業を短縮できます。

GPUはNvidiaのGEFORCEシリーズとAMDのRADEONシリーズが主流ですが、GEFORCEを選びましょう。
GEFORCEのほうがエンコードが早くできます。

具体的にはGTX1660かGTX1650を搭載したパソコンが良いでしょう。

ストレージ

ストレージはデータを保管する倉庫です。

ストレージにはSSDとHDDの二種類ありますが、簡単に言えばデータの読み書きが早いのがSSDです。

最低でもCドライブにSSDを使うようにして、容量は合計で500GB以上あると良いでしょう。

ただ、すべての動画ファイルを保存するのは少し無理があるので、YouTubeにアップロードした後は消去するか、あるいはSDカードに保存しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)