【初めての猫】猫アレルギーでも猫を飼うための対策4選!!

初心者さん

可愛い猫を飼いたいのだけど、猫アレルギーががが…
家族に猫アレルギーの人いるけど飼えるのかな…?

初心者さん

猫に触りたい、でも鼻が痒くなる…! 鼻水が止まらない…!

多くの猫好きを苦しめるのが、猫アレルギーなのではないでしょうか?

本記事では猫アレルギーでも猫が飼えるのか、また対策法などについてまとめました。

結論: 軽いアレルギー症状なら、地道に対策を行うことで飼える。

注意
症状が軽くても急に重篤化する可能性があるので、事前に医療機関で検査を受け相談することが必要。

具体的な猫アレルギーの対策

具体的な猫アレルギーの対策

猫アレルギーの方でも猫が飼えるようになるためには、普段から地道な努力を続けていくことが大事。

具体的な対策方法をまとめてみました。

シャンプーをこまめにする

猫アレルギーの原因となるアレルゲンは、唾液に含まれています。

猫が毛づくろいした時に毛に付着し、それが空気中に浮遊したりすることでアレルギーを引き起こします。

つまり、シャンプーをすることでアレルゲンを洗い流そうという方法。

MEMO
  • 月に2~3回の頻度でシャンプーを行いブラッシングも適宜行うようにしましょう。
  • 水が苦手な猫の場合、水で濡らしたタオルで体を拭いてあげると効果的。
  • ブラッシングも忘れずに。

室内環境を見直す

カーペットやラグなどは猫の毛などが付着してアレルゲンが蓄積し、アレルギーを発生させる原因にも。

また、カーテンをブラインドに変更するのも効果的。

布製品の使用を極力控え、部屋の掃除をこまめにするようにしましょう。

空気清浄機を使うのも非常に効果的!

薬を飲む

普段から猫アレルギーの症状をおさえる薬を服用することで、猫アレルギー持ちの方でも猫が飼えるのです。

アレルギー持ちの方は薬を切らさないよう常備しましょう。

アレルゲンの少ない猫種を選ぶ

実は猫種によってアレルゲンの発生する量が違います。

アレルゲンの発生の少ない猫種を選ぶことで、アレルギーの発生を抑えることができるワケです。

アレルゲンの少ない猫種は次項で紹介します。

猫アレルギーの出にくい猫種は?

猫アレルギー持ちでも飼えるような、アレルゲンの発生量が少ない猫種がいます。

具体的には以下の通り。

ベンガル

ベンガル

ヒョウ柄が特徴的なワイルドな猫種。

毛づくろいの頻度が少ないため、アレルゲンの発生が少ないです。

ロシアンブルー

ロシアンブルー

最近日本でも見かける機会が増えた猫種。

体質的に他の猫に比べてアレルゲンの発生が少なめ。

猫アレルギー持ちの方でも飼育しやすいことで知られています。

サイベリアン

サイベリアン

サイベリアンもロシアンブルー同様、アレルゲンの発生が少ないことで有名。

人懐っこい性格なので、初心者さんにもオススメの猫種です。

猫アレルギーかどうか調べるには?

猫を飼う前に検査をすることで、猫アレルギーかどうか調べることができます。

それまでにアレルギー症状が出ていなくても、突然発症するケースもあるので必ず検査を行いましょう。

検査できる機関は以下の通り。

  • 耳鼻科
  • 皮膚科
  • 内科

仮に検査結果で猫アレルギーが判明してしまっても、猫を飼いたい旨を伝えて相談してみましょう。

まとめ

結論: 軽いアレルギー症状なら、地道に対策を行うことで飼うことができる。

注意
症状が軽くても急に重篤化する可能性があるので、事前に医療機関で検査を受け相談することが必要。

こまめな掃除や薬の使用など、普段からコツコツ対策が必要になってきます。

途中で投げ出すような無責任な飼い主にならないように、しっかりとした下調べと覚悟をしましょう。

 


新着記事

猫の留守番【初めての猫】チェックリストで早分かり!!猫が安全に留守番するための注意点まとめなぜ猫は鳴く?鳴き方でわかる猫の気持ち【初めての猫】なぜ鳴くの?鳴き方で分かる猫の気持ち【初めての猫】猫アレルギーでも猫を飼うための対策4選!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。