【初めての猫】チェックリストで早分かり!!猫が安全に留守番するための注意点まとめ

猫の留守番

初心者さん

わたしの外出中に何か悪さしないか心配…!!
猫ってひとりぼっちにしても大丈夫?寂しい思いはしないの?

初心者さん

仕事や学校で忙しくて家を留守にしがちな人はきっと多いハズ。

やっぱり飼い主としては、かわいい愛猫が留守中に何かトラブルを起こさないか心配になりますよね。

今回の記事では家を留守にする際に気をつける点、トラブルの例などを解説していきます。

結論:2日以内の留守なら自宅でOK!(食事や水の用意を忘れずに)

ただし子猫(生後4ヶ月以内)に長時間の留守番は厳しい。

注意
外出中に猫ちゃんがトラブルを起こしてしますことがあります。
普段から対策を怠らないことが必要!

猫に留守番は大丈夫?

猫に留守番は大丈夫?

野生において群れで暮らす社会性の高い犬とは対照的で、猫は単独行動を基本としています。

そのため、猫は犬に比べて留守番が得意と言われています。

結論として、猫を留守番させることは可能ですが月齢によっては難しいことがあります。

詳しく見ていきましょう!

子猫の場合(生後4ヶ月未満)

子猫の留守の場合

生後4ヶ月未満の子猫の場合、体調が不安定で目が離せない年頃なので長時間の留守番は難しいです。

一人で生活することができないので、しっかりとお世話してあげる必要があります。

成猫の場合

きちんと食事や水、トイレの用意ができているなら留守番に問題はありません。

とはいうものの、実際に自宅に留守番させるのは2日間までが限界です。

3日以上家を開ける場合はペットホテルを利用したり、友人にお世話してもらうのが良いでしょう。

長期間にわたる外出に関しては後で詳しく解説しています。

留守中のトラブル事例

猫の留守中のトラブル事例

留守中にありがちなトラブルをまとめてみました!

  • トイレの粗相
  • 誤飲
  • 物損
  • 盗み食い
  • 脱走
  • 熱中症
  • 閉じ込め

トイレの粗相

留守中に猫が起こすトラブルで最も多いのがトイレの粗相です。

トイレの粗相とは具体的には、トイレ以外の場所でおしっこなどをしてしまうこと。

猫の性格も関係しているようで、粗相が多い猫と少ない猫がいるようです。

誤飲

留守中におもちゃやヒモなどを誤って飲み込んでしまう事例。

場合によっては開腹手術も必要で、命に関わるトラブルです。

物損

留守中に物を壊されてしまうケースで、特に机や棚に置いた物を落として壊してしまうことが多いです。

布製品をボロボロにしたり、齧ってしまうケースも。

盗み食い

しまっておいたキャットフードやおやつを勝手に食べてしまう事例です。

猫は頭が良いため戸棚を勝手に開けたり、ドア開けを覚えることがあります。

脱走

窓やドアの戸締りが不十分で家から飛びたしてしまう事例です。

留守中に脱走するとホントに行方がわからなくなるので、要注意。

熱中症

暑い夏場に室温管理を疎かにすると、熱中症や脱水症状を発症することがあります。

特に長毛種は室温管理が重要になってきます。設定温度の目安は次の項で紹介!

閉じ込め

留守中に猫が食事や水、トイレの無い部屋の扉を閉めてしまい、閉じ込められてしまう事例。

特に長期間の外出で閉じ込めが起こると、命に関わります。

留守中のトラブル発生防止策

留守中のトラブル発生防止策

普段から対策をしっかり行うことで、留守中のトラブルの発生のリスクを抑えることができます。

詳しく見ていきましょう!

食事、水を複数設置

もしもの時のために食事、水を複数設置しておくと安心です。

また、留守中の食事に関しては比較的腐りにくいドライフードを用意すると良いでしょう。

設定した時間に自動で食事を用意する自動給餌器を導入するのがお勧めです。

普段から帰れなくなることを想定して、多めにエサと水を用意しておきましょう!

トイレをキレイに保つ・複数設置

猫はキレイ好きなことで知られています。トイレは普段からキレイにするように心がけましょう!

トイレがキレイでないと、トイレ以外の場所での粗相の原因にも。

また、メインのトイレが汚れてしまったときに、代わりに使用する予備のトイレも用意。

室温管理

暑い日や寒い日は外出中に室温の管理を行うようにしましょう。

エアコンの設定温度の目安は夏場が28℃が、冬は26℃です。

エアコンの苦手な猫には凍らせたペットボトルやブラインドを利用しましょう!

ドアストッパーの使用

先ほど紹介したように留守中に猫が食事や水、トイレの無い部屋に閉じ込められるケースがあります。

猫が扉を閉めてしまうのが原因で、それを防止するためにドアストッパーを使用するのが良いです。

部屋のお片付け

部屋を散らかしたり、おもちゃの片付け忘れは猫の誤飲の原因にもなります。

また、机の上や棚の物の配置を見直し落下することの無いように気をつけましょう。

使わないコンセントを抜く

猫が差しっぱなしのコンセントをおもちゃにしてしまうことがあります。

特に通電している時に猫がコードを噛んでしまうと、感電のリスクも。

使わないコンセントは抜き、コードは整理して隠しておきましょう。

長期間留守にする場合

長期間留守にする場合

3日以上留守にする場合、猫に独りで留守番を任せるのは厳しいです。

では、そのようなとき猫はどうすれば良いのでしょうか?

出先に連れて行く

猫にキャリーケースに入ってもらい、出先に連れて行く方法です。

ペット持ち込み禁止の場所も多いため、事前の下調べが必要。

知人にお世話を依頼する

留守中信頼できる知人に猫を預けたり、お世話のために家に来てもらう方法。

何かあっても猫に人がついているので、安全です。

ペットシッター、ペットホテルの利用

知識を持ったペットシッター、ペットホテルに猫を預けるのもアリ。

猫の性格によってはかなりのストレスがかかり、リスクがないとは言い切れません。

まとめ

結論:2日以内の留守なら自宅でOK!(食事や水の用意を忘れずに)

ただし子猫(生後4ヶ月以内)に長時間の留守番は厳しい。

留守中に猫が安全に過ごすためにお部屋のチェックリストを作成しました。

これらのポイントを抑えるだけで、トラブルのリスクは大幅に下がります。

  • 食事、水、トイレの複数設置
  • トイレをキレイに保つ
  • 室温管理
  • 使わないコンセントは抜いておく
  • 窓や扉をしっかりしめる
  • ドアストッパーで閉じ込め防止
  • 部屋のお片付け

3 COMMENTS

sikis izle

I think the admin of this site is really working hard in support of his web page, since here every information is quality based stuff. Wendy Moritz Matilde

返信する
sikis izle

Good way of describing, and pleasant article to get facts concerning my presentation subject matter, which i am going to deliver in academy. Cherri Giorgio Carmelle

返信する
porno

Your way of telling everything in this paragraph is in fact fastidious, every one be capable of easily be aware of it, Thanks a lot. Adelaida Aloin Whittemore

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。