【猫種紹介】ペルシャ猫の性格/特徴/飼い方まとめ

ペルシャ猫は猫とは思えぬほどにどっしりと身構え、マイペースに生きる事から、ついたあだ名は「キングオブキャッツ!」猫の王様です。特徴的なお鼻と鋭く美しい眼光に目が離せなくなってしまう方が多いようですね。

本記事ではそんな皆から愛されるペルシャ猫をご紹介させて頂きます!

ペルシャ猫の飼育を検討されている方は是非チェックしてみて下さい!

ペルシャ猫の紹介

ペルシャ猫の紹介

ペルシャ猫はその名の通りペルシャという国に生息する猫で、その起源はとても古く、正確なことは分かっていないそうです。

最大の特徴はゴージャスな被毛と特徴的なお顔、そしておっとりマイペースな性格ですね。
盛りだくさんな猫ちゃんです。

そんなペルシャ猫についたあだ名は「キングオブキャッツ!」
感情的になることは少なく、どっしりと身構えています。

ペルシャ猫の性格

おっとりマイペース

ペルシャ猫の性格
ペルシャ猫の最も特徴的な性格といえば、おっとりとしていてマイペースなところでしょう。
そのマイペースさは、キングオブキャッツと言わせしめるほどで、見るからにどっしりと身構えています。

自ら過度に人に干渉することは少なく、自分のペースを持った猫ちゃんです。

物静か

ペルシャ猫の性格
ペルシャ猫は物静かな性格です。
怒ったり、感情的になることがあまりありません。

一切ブレることなく、とにかくマイペースを生きる、それがキングオブキャッツの所以です。

運動を好まない

ペルシャ猫の性格
マイペースで物静かなペルシャ猫は運動を好みません。
通常、猫が好きな「高いところに登ったり」「家中を全速力で駆けまわったり」といった姿は見せません。

きっとペルシャ猫と聞くとお金持ち家で鎮座している姿を想像する方が多いと思いますが、実際運動嫌いで家を荒らさないので高級品を傷つける恐れが無い事から、お金持ちに好まれる猫種のようです。

ペルシャ猫の特徴

ペルシャ猫の性格

ゴージャスな被毛

ペルシャ猫は長毛種に分類されます。
長毛種は被毛のお手入れが非常に大変です、飼育する際は毎日のブラッシングを覚悟しましょう!

特に換毛期は大量の毛が抜ける覚悟をしておく必要があります。

ブラッシングは美しい被毛を確保するためだけでなく、毛玉の防止や毛を飲み過ぎることによる病気の発症を防ぐために絶対に必要なお手入れとなります。

食事が大好き

運動が嫌いなペルシャ猫はですが、食事に関しては非常に貪欲です。

長毛でモコモコしているので気が付きにくいですが、ペルシャ猫のボディは筋肉がたっぷりついており、この筋肉を維持するためにしっかりとした食事摂ると言われています。

運動しないのによく食べる!さすがキングオブキャッツです!笑

長めの寿命

ペルシャ猫の寿命は約15年以上と言われています。
通常の猫ちゃんが12~14歳と言われているので、やや長いことで有名です。

但し、若い時期が長い訳ではありません!
老後が長いというイメージなので、老後の介護時期が長いということは覚えておくべきかもしれません。

チンチラ

ん?急にチンチラって、別の猫種のこと?
と思われ方がいらっしゃるかもしれませんが、実はチンチラはペルシャ猫の毛色の分類を指す言葉なんです!

そう言われてみれば、お顔がそっくりですよね(笑)

ヒマラヤン

ん?急にヒマラヤンって、、、今度こそ別の猫種のこと?
と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、実はヒマラヤンもペルシャ猫の仲間なんです!

ヒマラヤンは白色ベースに耳/足/口/しっぽ等にワンポイント濃い目の色が入っているのが特徴です。

このようにペルシャ猫は毛色が豊富なことでも知られています。

ペルシャ猫を飼うときのコツ

ペルシャ猫を飼うときのコツ

適度なスキンシップを

上記した通り、ペルシャ猫はあまり人から過剰にスキンシップされることを好まない性格です。
飼い主さんとの距離感はペルシャ猫にとっては非常に重要です。

ペルシャ猫本人にはゆったりと時間が流れています、これを邪魔してはいけません!
寄って来るまでは待つぐらいの気持ちでいいでしょう!

そんなゆったりとして猫ちゃんとの生活を楽しみたい方にとって、ペルシャ猫は最良のパートナーになってくれること思います。

ブラッシングを出来る態勢を

毎日接するときにブラッシングすればいいや!簡単!
と思っていると、痛い目にあうことがあります。

ブラッシングがあまり得意ではない子もいるからなんですね。

何があっても毎日ブラッシングをするという決意と、実行力が無ければペルシャ猫を飼育することは難しいかもしれません。

ペルシャ猫との出会い方

ペルシャ猫との出会い方
ペルシャ猫の出会い方は主に以下の通りです。

  • ペットショップ
  • ブリーダー
  • 保護ネコ/譲渡会

ブリーダーのすすめ

ブリーダーさんから購入すると以下のようなメリットがあります。
是非ブリーダーさんを通しての出会いも検討してみて下さい!

  • 購入価格を抑えられる
  • 純血の個体を取り扱っていることが多い
  • 猫種毎に詳しい知識をもって飼育している

保護ネコ/譲渡会のすすめ

ペルシャ猫は保護ネコや譲渡会にも見かける猫種となります。
少し大きく育ってしまっているというデメリットを考えがちですが、メリットも勿論あります。

  • 性格や特徴を見極められる
  • トライアル期間あるため先住猫やご家族との相性を確認することが出来る

恵まれない猫ちゃんの第二の猫生も是非考えてみてあげて下さい!

ペルシャ猫の相場/費用

購入価格

ペルシャ猫の購入価格は、あくまで目安ですが以下の通りです。

  • ペットショップ:20~40万円程度
  • ブリーダー   :20万円程度

飼育のためにかかる費用

猫の飼育には購入価格以外にも発生することを覚えておきましょう!

初期費用/年間費用共に10万円程度費用が発生します。
生涯で考えると最低でも150万円の費用が発生します!

初期費用内訳

  • 生活用品:3万円
  • ワクチン:1万円
  • 健康診断:1万円
  • 不妊手術:3万円

年間費用内訳

  • ワクチン:1万円 (年1回)
  • 食費   :6万円(月5,000円)
  • トイレ :1万円(月1,000円弱)
  • 保険料 :1万円(月1,000円弱)

最後に

いかがでしたか?

しかし!ここで紹介したのはペルシャ猫の「一般論」です。

本ブログでは、更に深掘りして、実際に飼育されているペルシャ猫はどのような生活を送っているのか?を知って頂くために、SNSで大活躍しているペルシャ猫の飼い主さんへのインタビューを行いました!

かわいい写真もたくさん掲載しているので、是非チェックしてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。