【猫種紹介】ラグドールの性格/特徴/飼い方まとめ

ラグドール

ラグドールは一般的に性格がとっても穏やかで初めて猫を飼う方でも非常に扱いやすい猫種と言われています。

青く美しい瞳、長くてふわふわの毛など、魅力をあげればキリがない、本記事ではそんなラグドールの性格や特徴を猫を初めて飼う初心者にも分かり易く紹介!

この記事を読むと、ラグドールをこれから飼いたい方が欲しい情報が丸わかり!

ラグドール(Ragdoll)の紹介

ラグドール

今回は、ラグドールの特徴や飼い方などを初心者にもわかりやすく紹介!

ラグドールは、ブルーの美しい瞳とふわふわの長い毛が特徴的で、

比較的大きな体をもった猫の種類です。

その優雅な見た目から、国内外で非常に人気の高い種類の猫。

ラグドールという名前は、英語でぬいぐるみの人形という意味の

「ラグ・ドール(rag doll)」から来ています。

 

数ある猫の種類の中でも、比較的新しい種類でそのルーツは諸説あります。

一説として、白いペルシャとシールポイントを掛け合わせて生まれた子供を、

バーミーズと掛け合わせて生まれたというのがあります。

ラグドールの特徴

シールポイントのラグドール

体重はどれくらい?

ラグドールはやや大きめの体で、骨がしっかりしている上に筋肉質ですので一般的な猫に比べて体重も重め。

成猫の体重は、オスで4.6kg~7.2kg、メスで4.2kg~6.0kgになるのが一般的で、10kgくらいまで成長するのは珍しいようです。

一般的な猫が1年間で大人になりますが、ラグドールは成長スピードがゆっくりで完全に成長が終わるまでに4年ほどかかります。

寿命は?

寿命は一般的な猫と同じ、14年程度です。

 

ラグドールの性格

ラグドールは、かなり穏やかで人なっつこい性格で人間に抱きかかえられることが好きなので、ぬいぐるみの人形という意味の

「ラグ・ドール(rag doll)」と名付けられました。

あまり攻撃的ではないので、爪研ぎなどで家具や床を傷つけてしまうことはありません。

落ち着いているので、大きな声で泣いたり、激しい遊びを好むこともありません。

ラグドールは、その大きな体としっかりした見た目からは想像もつかないほど、心優しい性格で子供にも優しく接することができるという特徴をもっています。

飼い主との信頼関係をうまく築いていけるので、初心者の方にもオススメ!

 

ラグドールの毛色パターンの紹介

ラグドールの毛色はホワイトやクリーム色などの薄い色をベースに、色々な色が組み合わさっています。

色々な組み合わせがあって、どれもとてもキュートですが

ここでは、その中でも代表的な3パターンを写真と共に紹介していきます!

バイカラー

バイカラーのラグドール

バイカラーは顔の中心が白いのが特徴的で、いわゆるハチワレになります。

ホワイトベースに、しっぽから背中、頭にかけてグレーの毛が生えるものが代表格。

ラグドールというと、このバイカラーを浮かべる人も多いかもしれません。

ポインテッド

ポインテッドのラグドール

ポインテッドというパターンは、バイカラーとは逆で顔の中心や耳、尻尾など末端の部分に、濃い色の毛が生えているタイプです。

うすいクリーム色の体にチョコレート色のポイントが入った、シールポイントが有名。

シールとは英訳するとアザラシという意味で、猫の毛の色で使うときにはチョコレート色やこげ茶のことを指しています。

ミテッド

ミテッドのラグドール

ミテッドはポインテッドと似ていますが、細かな点でその特徴に違いが見られます。

ポインテッドに比べて色の入っている範囲が広く、お腹や手足にも色が入ります。

チャームポイントとして脚が白くなっていて、いわゆるくつ下の状態になっています。

くつ下が大好きなヒトもきっと多いハズ!

ラグドールを飼うときのコツ

ラグドールの食事

先ほども書いたように、ラグドールは成猫になるのに約4年の歳月を必要とします。

しかし、その4年間のなかでも成長スピードには波があり、最初の1年間は他の猫と同じように急激にグンと成長します。

ですが、それ以降の残りの3年間のあいだは成長スピードが緩やかに。

そのため、成長スピードに合わせて食事の量を変化させる必要があります。

最初の1年間では、成長に見合うだけの高カロリー、高タンパク質な食事を必要とします。

それ以降は、同じペースで食事を続けていると肥満になってしまうリスクが高まるので、少し量を減らすなりして加減しましょう。

ラグドールのブラッシング

ラグドールをはじめとする長毛種は、日々のブラッシングが重要になってきます。

ここでひとつ気を付けておきたいのが、尻尾のブラッシング。

しっぽに限ってですが、ブラッシングしすぎると毛が抜けてしまい、みすぼらしくなってしまいます。

しっぽのブラッシングはサッと済ませるのが良いです。

特に換毛期は抜け毛の量もかなり多くなってくるので、より念入りにブラッシングを行うようにしましょう。

ラグドールに適した環境は?

ラグドールは室内飼いがベストです!

大きな声で鳴くことが無いので、近隣に迷惑がかかる心配も少ないです。

加えて、猫全般に言えることですが隠れることのできる場所を作りましょう。

隠れることのできる場所がないと、猫がストレスを抱える原因にも。

 

ラグドールの健康管理

ラグドール バイカラー

ラグドールは長毛種の猫であるため、その立派なふわふわな毛で肥満などといった体の変化が隠れてしまいがち。

普段からスキンシップを積極的に行い、変化をキャッチできるようにしましょう。

元々ラグドールは運動量が多くないためカロリーの消費が少なく、体を動かすことができる遊びに誘ってみましょう。

初心者にはおすすめ?

性格が穏やかで、鳴き声も小さく人なつっこいので初心者にオススメできる猫です!

当サイトで初めて猫を飼う初心者向けのお役立ち情報も発信しています!

ラグドールの相場は?

ラグドールの子猫

購入価格

ラグドールの相場は20万円前後。

お手頃価格な子になると、16万円から見つけることができます。

良血の子を購入する場合の価格は、25万円前後になります。

飼育のためにかかる費用

猫の飼育には購入価格以外にも発生することを覚えておきましょう!

初期費用/年間費用共に10万円程度費用が発生。
生涯で考えると最低でも150万円の費用が発生します!

初期費用内訳

  • 生活用品:3万円
  • ワクチン:1万円
  • 健康診断:1万円
  • 不妊手術:3万円

年間費用内訳

  • ワクチン:1万円 (年1回)
  • 食費   :6万円(月5,000円)
  • トイレ :1万円(月1,000円弱)
  • 保険料 :1万円(月1,000円弱)

ラグドールとの出会い方

ラグドールとの出会い

ラグドールとの出会い方は主に以下の通りです。

  • ペットショップ
  • ブリーダー
  • 保護ネコ/譲渡会

ブリーダーのすすめ

ラグドールは非常に人気の高い猫種なので、全国にブリーダーさんがいらっしゃいます。

ブリーダーさんから購入すると以下のようなメリットがあります。

  • 購入価格を抑えられる
  • 純血の個体を取り扱っていることが多い
  • 猫種毎に詳しい知識をもって飼育している

保護ネコ/譲渡会のすすめ

ラグドールは保護ネコや譲渡会にも見かける猫種となります。
少し大きく育ってしまっているというデメリットを考えがちですが、メリットも勿論あります。

  • 性格や特徴を見極められる
  • トライアル期間あるため先住猫やご家族との相性を確認することが出来る

恵まれない猫ちゃんの第二の猫生も是非考えてみてあげて下さい!

最後に

いかがでしたか?
ラグドールの魅力が伝われば嬉しく思います!

しかし!ここで紹介したのはラグドールの「一般論」です。

本ブログでは、更に深掘りして、実際に飼育されているラグドールはどのような生活を送っているのか?を知って頂くために、SNSで大活躍しているラグドールの飼い主さんへのインタビューを行いました!

【飼い主さんインタビュー】ラグドールって実際どんな子?【禅くん】

かわいい写真もたくさん掲載しているので、是非チェックしてみて下さい!

2 COMMENTS

nekogai

コメントありがとうございます!
ラグドール、とってもかわいいですよね(^^♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。